2018年度 車載組込みシステムフォーラム 総会

4月23日に、栄ガスビル(名古屋市中区)にて、2017年度車載組込みシステムフォーラム総会(勉強会活動報告会・特別講演・交流会)を開催致しました。

会員企業の皆様に対して、前年度の会計・事業内容、勉強会活動について報告し、2018年度の活動計画をご説明しました。

特別講演では、「最近の自然言語処理技術とその応用」と題して、名古屋大学の武田浩一氏にご講演頂きました。

今回は86名の方々にご参加頂きました。

総会資料と講演資料(一部)を取得するためには、会員IDとパスワードが必要です。会員向け情報を取得するためのパスワードは、こちらから発行できます。

総会の内容

総会では、以下の議案について会員の皆様から承認されました。

  • 第1号:2017年度 事業報告
  • 第2号:2017年度 収支決算 監査報告
  • 第3号:役員の選任(最新の役員リストは、こちらをご覧ください。)
  • 第4号:2018年度 事業計画
  • 第5号:2018年度 収支予算

詳細は、以下の資料をご覧ください。

勉強会・ETロボコンクラブ活動報告の様子

「ASIF勉強会 2017年度まとめ」
2017年度勉強会SIG幹事/(株)デンソークリエイト 田中憲昭 氏
2017年度勉強会SIG幹事の田中氏から、2017年度に実施した勉強会のテーマと活動結果についてご報告しました。
2017年度 勉強会活動報告(ライトニングトーク形式)

2017年度に開催した以下の勉強会について、それぞれリーダ役を務めた方々から活動結果を報告しました。以下の資料には、すべての勉強会の報告内容が含まれています。

  1. CAN通信仕様
  2. MISRA-C
  3. UMLとSysML
  4. Gitの世界-ショートコース-
  5. 機能安全規格(ハードウェアの機能安全とその実践)
  6. 組込みセキュリティ
  7. CAN FD通信仕様
  8. AUTOSARモデリングツール
  9. 車載開発でのシステムエンジニアリング
  10. 車載プロセス
  11. IoT/自動走行に向けた オープンディペンダビリティ規格IEC62853案の日本提案内容を理解する
  12. ASIF九州勉強会
  13. ETロボコンクラブ

「2018年度勉強会計画」
2018年度勉強会SIG幹事/(株)ヴィッツ 服部孝治 氏
2018年度勉強会SIG幹事の服部氏から、2018年度に開催する勉強会のテーマについてご案内しました。

講演会の様子

「最近の自然言語処理技術とその応用」
名古屋大学 大学院情報学研究科 附属価値創造研究センター センター長 教授 武田浩一 氏
日本アイ・ビー・エム(株)東京基礎研究所において、2007年から2011年まで、質問応答システムWatson開発プロジェクトに参画した経験を踏まえて、自然言語処理研究の歴史と最新状況について解説して頂きました。前半では、自然言語処理の技術的な変遷から、IBM Watsonの開発・発展、ビジネス化の経緯について紹介して頂きました。後半では、深層学習を利用した機械翻訳や画像質問応答などの手法と、今後の展望について解説して頂きました。
講演資料 (3.8MB)